第 1 章  総 則
 (名 称) 
第 1 条 この会は、明石地区自衛隊父兄会と称し、事務局を会長宅に置く。
    
 (目 的) 
第 2 条 この会は、自衛隊の社会的地位の向上を目指し、自衛隊及び自衛隊員を協力支援する事を基本とし、会員の防衛研修に
努め、相互扶助、親睦を図る事を目的とする。
    
 (事 業) 
第 3 条 この会は、第2条の目的を達成するために、次の事業を行う。
  1、防衛思想の研究及び普及のための講演、映画会等の活動
  2、自衛隊員の募集協力及び縁故関係情報の提供
  3、郷土出身自衛隊員の慰問激励のため、部隊訪問、演習慰問
  4、自衛隊諸行事、記念行事、入隊激励会等への参加、協力
  5、会員の親睦のための研修旅行、講演会の実施
  6、機関紙の発行、ホームページの運営、「おやばと」等の配布
  7、その他、この会の目標を達成するために寄与する事業
   
第 2 章  組 織
 (組 織) 
第 4 条 この会は、明石市及びその周辺に在住し、現職隊員父兄等及びこの会の趣旨に賛同するものをもって組織する。
     
 (会 員) 
第 5 条 この会の会員区分および入退会は次のとおりとする。
  (1) 会  員 : 現職隊員父兄等及びこの会の趣旨に賛同する者 
  (2) 名誉会員 : この会に対しての功労があり、役員会において承認した者
(3) 入  会 : 入会申込書を提出し(ネット入会申込の場合はメール)、年会費を納入した時点で会員資格を得る。
(4) 退  会 : 次の各号に掲げる場合退会とする。
   イ、会員が退会を申し出たとき
   ロ、会員が死去したとき
   ハ、2年間連続して会費納入がなされないとき
   ニ、次に定める事由等により役員会において退会を議決したとき
     1. 他の会員に対し布教などの宗教活動を行った場合
     2. 他の会員に対し物品等の販売など、営業活動を行った場合
     3. 他の会員に対し特定の思想を広めようとする行為を行った場合
     4. 会務運営に支障をきたす言動および会の品位を損なう言動があった場合
(5)前項ハ・ニによる退会の場合、事務局は当該会員に対し事由を明示した退会通告文書を送達しなければならない。
(6)退会通告を受けた会員は、役員会に異議申し立てをすることができる。
(7)会長は役員会の同意を得て、会員に対し自主退会を勧告することができる。
(8)退会においては、理由の如何を問わず納入済み会費の返還はしない。
     
 (役 員) 
第 6 条 この会に次の役員を置く。
  会長:1名 副会長: 若干名 顧問: 若干名 理事: 若干名 会計監査:2名 会 計:2名 事務局長:1名
     
 (役員の任務) 
第 7 条 役員の任務は次に定めるとおりとする。
  1、会長はこの会を代表し、会務を統括する。
  2、副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはこれを代行する。 
  3、顧問は、会の運営につき全般的助言を行う。 
  4、理事は役員会を構成し、会務の審議、専門事項の執行及び会計・事務局長を補佐し担当地区内の連絡調整にあたる他、
  会の品位を保ち、会務の円滑な運営に努める。
  5、会計は、この会の運営に必要な会費等の徴収及び金銭を出納する。 
  また、年度終了後速やかに前年度の収支決算書類を作成し、会計監査の承認を受けなければならない。
  6、会計監査は、会の会計を監査し、その結果を総会において報告する。 
     
 (役員の選出) 
第 8 条 この会の役員は、会員の中から次の方法により選出される。
  (1)会長、及び会計監査は、役員会で推薦され、定期総会において出席者の過半数以上の賛成議決をもって選出される。
  (2)副会長、会計、事務局長、理事及び顧問は役員会で推薦され会長が委嘱する。
    
第 9 条 会務遂行のため事務局を置き、会計・庶務等、この会の運営に必要な諸業務を行なう。
    
 (任 期) 
第 10 条 役員の任期は2年とする。但し再任は妨げない。
ただし、会長は理事の任期途中であっても役員会の同意を得て理事の委嘱を解くことができる。
     
第 3 章  会 議
 (総 会) 
第 11 条 1、総会は、この会の最高議決機関であって、年1回定期総会を開催する。
    また、必要に応じて臨時総会を会長が招集し、開催することができる。
  2、総会では、次に掲げる事項について承認及び議決する。
   (1) 事業計画及び事業報告 (2) 第8条第1項に定める役員の選出 (3) 収支予算及び収支決算
   (4) 会則の制定及び改正  (5) その他必要な事項
   
 (役員会及びその他の会議)
第 12 条 役員会は、総会につぐ議決機関で、必要に応じて会長が召集し、第11条第2項の承認及び議決にもとづく事業について
審議する。その他の会議については、会長が必要と認めたときこれを開催することができる。
   
 (議 決)
第 13 条 総会は出席者及び委任状提出が会員数の過半数をこえて成立し、議決は総会出席者の過半数をもって決議される。
可否同数の場合は議長がこれを決定する。
   
第 4 章  会 計
 (会 計)
第 14 条 1、この会の経費は、会費、寄付金その他の収入をもって充てる。
  2、会費の額は、会員 年額 5,000円 名誉会員 年額 10,000円とする。
  3、事業により、特別会費を徴収することができる。
  4、会計年度は、毎年4月1日から3月31日までとする。
   
第 5 章  慶弔規定
 (慶 弔)
第 15 条 1、会員に対する慶弔費の支出は次のとおりとする。
  2、会員の子弟たる自衛隊員が結婚した場合は、お祝い金と祝電を贈る。
  3、会員及び会員の子弟たる自衛隊員が死亡した場合は、弔意を表し香料を贈る。
  4、その他、会員および会員の子弟たる自衛隊員が事故や病気等で入院をした場合など、慶弔費支出を必要と認める場合
  は、役員会に諮り決定する。
  5、1件あたりの支出額は、慣例と経済情勢等を考慮し、役員会に諮り決定する。
  6、本規定による慶弔に対しては、一切返礼をしないものとする。
   
第 6 章  雑 則
 (軽易事項)
第 16 条 この会則に定めるもののほか、この会の会務運営上必要な事項については、会長が役員会に諮ってこれを定めることがで
きる。
         
   
  附 則
  この会則は平成元年 6月19日から施行する。
 
一部改正: 平成 4年  6月 28日  一部改正: 平成 6年  6月 19日  一部改正: 平成 7年  7月 23日
一部改正: 平成 18年  4月 23日  一部改正: 平成 23年  4月 17日  一部改正: 平成 24年  4月 15日
 
会長挨拶 活動内容 入会案内 リ ン ク お問合せ
Copyright(C) 明石地区自衛隊父兄会(Akashichiku Jieitai Fukeikai) Official Homepage
Produced by Central Station